カテゴリー
食事・料理

クロワッサンにはさむもの

朝食にクロワッサンが最近のブーム。
まだ自分で焼いた事はないけれど、仕事帰りに会社近くの個人経営のパン屋さんで、2個買って帰る習慣がここ3ヶ月くらい続いている。

トーストすると風味が出て、さらにバターを塗る手間が省けるし、朝のコーヒーとクロワッサンが一日でいちばんゆっくり、ぼーっとできているかもしれない。

ちゃんと朝食風に飾ってお皿に乗っけてやろう!と意気込んだのは、ある土曜日の朝だった。

レタスと目玉焼き、トマトをスライスしてオリーブオイルとオレガノ、塩をふりかけただけで、ホテルの朝食のような威厳を放つクロワッサン。気持ち背筋を伸ばしていただきます、と手を合わせる。

そのクロワッサンの印象の変わりように心を踊らせて、毎週末はクロワッサンがお洒落をする日に決めている。

先週は生クリームを上品に泡立てて、ラズベリーのジャムをふんだんに挟んだら、これまた表情ががらりと変わって少女な雰囲気になった。

チーズとハムで、ピクニック風に、メープルシロップをわざと垂らすように挟んでフォークとナイフで王室にいる気分で食べてみたり。

平日のトースターから出しただけのホカホカクロワッサンは変えがたいけれど、週末に、どんなデコレーションをしてやろうかな、と毎朝シンプルなクロワッサンをまじまじ見ながら食べる日がまだ続きそうだ。