カテゴリー
食事・料理

コーヒー派の言い分がなかなか通すぎて、ついていけません

私はコーヒーよりも紅茶派なんですけど、うちの実家も主人の実家も皆、コーヒーが好きなんです。コーヒーを自分で挽いてしまうほどのコーヒー通で、話が通じません。私もたまにはコーヒーを飲みますが、なんというか、あまり味の違いが分からないんですよね。味も香りも強すぎて、刺激がありすぎて区別がつかない感じです。朝炒りと深炒りぐらいの区別はつきますが、甘みや酸味のバランスとか、お好きな方は違いを楽しまれるようですが、どれも苦みしか感じません。カフェに入っても、生クリームのトッピングを必ずしてしまうし、チョコパウダーをかけてもらったりして、はっきり言ってコーヒーの味は飛んでしまうような飲み方ですよね。彼らに言わせると、流行りのカフェでコーヒーを飲むのは飲むけれど、別物らしいですね。トッピングなんかは問題外だそうです。だいたい、紙コップで飲むのが無粋らしいです。あれが格好いいと思ってしまう私は本当にわかっていないやつなんでしょう。カフェのコーヒーを片手に、街角で飲むのって様になりません?やっぱり、私はコーヒーにははまれそうにないですね。雰囲気重視のおしゃれアイテム程度にとどめておきます。